葬儀社の選び方「担当者の人柄を見る」って何?

担当者の人柄を見るとは

葬儀社の選び方の一つに「担当者の人柄を見る」

というポイントがあります。

「人柄を見る」なんとなく意味が分かりそうで分からない。

葬儀社選びというお困り事を解決するために

実際にあったお葬式を元に事例をあげて説明します。

=============================

ある日のお昼、式場の事前相談スペースにおいての来店の対面相談です

昨夜の深夜にご兄弟の方が亡くなられたそうです。

兄弟の事で突然だったので葬儀社を決めていなかったため

病院から紹介された葬儀社にお迎えをお願いし、

その葬儀社の霊安室に安置をお願いしたそうです。

通夜・葬儀という形ではなく、事情もあるため

火葬式(葬儀を行わない火葬のみ)をご希望でした。

現状とご予算をお伺いし、お手伝い出来る部分をご説明しました。

つまり、安置場所は他社の葬儀社で、そこから移動を行い、

弊社にお願いをするという事です

ここでの注意点は

病院から霊安室までの搬送費用や霊安室料、1日分の

ドライアイスの費用は病院から紹介をされた

葬儀社にお支払いをするという事です

そこから弊社が対応する為、弊社へのお支払いももちろん発生します

両方を合わせるとご予算をオーバーしてしまうのです。

ご兄弟の中で色々と検討された結果、最初の病院のお迎えの費用や1日分の霊安室料を

お支払いしたとしても他社の葬儀社から変更して

弊社に今後をお願いをするとの事でした。

ご予算を多少オーバーをしておりますが、それでも良いとの事です。

弊社に相談された時点で費用の面をとても気にされておりましたので、

不思議でなりません。

しかしその理由が他社の霊安室にお迎えに上がった時に

その理由がわかったような気がしました。

それはなぜかと言うと担当した方の対応が表面上は良さそうなのですが、

なんとなく嫌な感じを醸し出していたからです。

それはご家族とお話をする場面ご家族の見ていないところでの所作

同業者に対する対応の仕方などなど、あまり快くない対応でした。

表情を見る限り、目が怖いのです。

同業者も威圧感を感じるほどです。

葬儀の仕事は目配り気配り心配りと言われております。

担当者の印象でご家族のお葬式に対する気持ちも変わります。

ご家族とその後お話をしましたが、やはり嫌な感じがしていたとの事です。

特に断る際には露骨に嫌な顔をされ、かかった費用も急に割引をされ

そこからも引き止めようとされたとの事でした。

無事に霊安室から弊社の霊安室に移動が終わり

打ち合わせもある程度決まっておりましたのでスムーズに進みます。

翌日は友引でしたので翌々日に10名様お集まりの中、

ゆっくりとお別れを行って頂きながらお見送りをして頂きました。

=============================

担当者の人柄を見るポイントとしては

「見た目の印象はどうか?」

第一印象で引っかかる部分は無いか

「会話だけでなくふとした所作はどうか?」

歩き方、ドアの締め方、後ろ姿、この人に大切な方を任せても大丈夫かどうか

「対応に心がこもっているかどうか?」

話し方、安易に割引などで気を引こうとしていないか

今回のケースから見えてくるポイントです。

「担当者の人柄を見る」は事前相談の段階で可能です。

ぜひお役立てください。

ちなみに今回のケースは

病院から紹介された葬儀社に安置されたとしても、まだ断る事ができています。

「嫌な印象だけど安置まで済んだから断りづらい」そんな時は

ご相談ください、費用の面でも対応の仕方も一緒にサポートします。

松戸市斎場を利用してのご葬儀・家族葬・一日葬は、事前相談で分からない事、不安な事

を解決してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。

このまま事前相談はこちらから


「事前相談をしておくと具体的にどこが良いの?」

よくお葬式の事前相談で聞かれる事は

「事前相談をしておくと具体的にどこが良いの?」です。

事例をあげながら説明いたします
=============================

お父様は一般葬、お母様は家族葬ということで

1年間に2度担当させて頂いたご家族のご親戚(故人の兄弟)の方から

お葬式後に事前相談を受けておりました。

「うちもお願いをするかもしれない、まだまだ先の事かもしれないし、

元気になるかもしれない。ただこういう機会にしか聞けないので少し話しておきます」

「妹が市外に住んでいるので、母は市内の病院ではなく市外の病院なんです」

「私の家は1階が商売をしているので2階の安置は難しそう。

自宅から斎場までそんなに遠くないので斎場の霊安室でお願いになると思う。」

と事前相談の段階で状況は伺っておりました。

それから1か月後、その日は夕方にお電話を頂き、事前相談から変わりなく、

市外の病院にお迎えに上がらせて頂きました。

病室に行きますと、顔を合わせた時点でご家族様はとても安心されておりました。

病室で初めましてではなく、何度か顔を合わせたことがありますので

ホッとしたとの事です。

病院を出発して市内の霊安室にお連れします。

車内では

「思ってたより急だったからすごく慌てちゃったの!兄弟のお葬式でお世話になったから

あれからもずっと覚えてたの。頂いた資料と念のためチラシも集めてたのよ!病院に向かう

タクシーの中から連絡出来たから良かった」

との事です。

霊安室に到着をして御線香をあげて頂きます。

その後は打ち合わせとなりましたが、事前に相談もあり、夜遅くなりそうという事で

日程などを決めて次の日に細かく打ち合わせとなりました。

その後はお亡くなりになられてから3日後にお通夜、翌日に葬儀

あらかじめ決めておいた家族葬ということで

親しい方がお集まりになり、気兼ねなくゆっくりとお別れをして頂き

ご葬儀を滞りなく済ませられました。

=============================

「慌てて飛び出したけど、全部うまく進んで良かった。

病院のお迎えから何も困ることなく事が運んで良かった。

今思うとあらかじめお話しておいたから

じゃないとタクシーを乗ったところから

必死で葬儀社を見つけて、もしかしたら病院に着いてもまだ決まらなかったかもしれない。

0からスタートだとゆっくりお別れに集中することもなく

慌ただしい中で終わっていたかもしれない」

後日お話されておりました。
事前相談をしておくと良いメリットはたくさんあります。

「事前に顔を合わしている」

という事は非常に安心です

大事な方のお見送りをする中で、見ず知らずの人よりも

顔を知っている人の方が安心ではないでしょうか?

ただ知っているだけではまだ不安です。

大事なのは事前相談の中で、その葬儀会社、その担当者に任せても大丈夫なのかどうかを

見るべきです。

事前に話しておいたのにいざという時には、また1から話をしないといけなかった

話した内容を全然覚えていなかった 

何のための事前相談だったのでしょうか
事前相談をした担当者が不在の場合でも、他の担当者が内容を共有できている葬儀社はしっ

かりしていると思います。

「資料を持っておき、連絡先を控えておく」

これも大事です。

今回のケースで言えば急な事で慌ててしまい、葬儀社の連絡先を忘れてしまうという事が多

いです。

対面での事前相談が出来ている場合はその担当者の名刺、もしくは葬儀社の名刺を持ってお

きましょう。

財布の中に収めている方もいらっしゃいました、良いと思います。

もし対面はしていなくとも、葬儀社のHPを見て電話をかけ、資料請求をされている方はその資

料や会員カードを持っておくと良いでしょう。

‶連絡先がわからない”は焦りを生みます。
「病院の場所、病院からの移動先を決めておく」

これも事前に決めておくと安心です。

今回のケースのように病院へのお迎えから霊安室までの移動がスムーズになります。

安置場所についてはご自宅か霊安室となります。

霊安室の場所によっては面会や御線香をあげる事に制限がある場合もあります。

事前にご家族で決めておくと安心です。

病院の場所を葬儀社に事前に伝えておくのはちょっと…という方もいらっしゃいます。

事前の段階で伝えなくても大丈夫です。

病院名を出さず、市内にある病院ですと伝えておくと良いかもしれません。

ただ病院が遠く、距離があるケースもあります

距離があれば病院のお迎えの費用が変動する事もあります

その際には市外の病院ですが大丈夫でしょうか?対応も可能でしょうか?

と聞いておくと安心です。
以上が、

亡くなられた直後から葬儀社への連絡→病院のお迎え→安置

までの流れで大事な部分です。

つまり「事前相談をしておくと具体的にどこが良いの?」の答えは

「事前に顔を合わしている」

不安が安心に変わります

「資料を持っておき、連絡先を控えておく」

いざという時に困りません

「病院の場所、病院からの移動先を決めておく」

落ち着いてご葬儀まで過ごせます

松戸市斎場を利用してのご葬儀・家族葬は、事前相談で分からない事、不安な事

を解決してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。


ご挨拶からわかる良い葬儀社の見分け方

ご挨拶からわかる良い葬儀社の見分け方

15時頃お電話を頂きました

「今ホームページを見て、メールで問い合わせをするのが難しいので電話しました。

電話で相談も可能ですか?

今日これからお通夜なんです。

明日の告別式で来て下さった方に挨拶をします

葬儀屋さんに挨拶文例集を貰って見ているんですけど

どうもしっくりきません。どうしたら良いですか?

319340

1つ目は『ご会葬、ご焼香を賜りまして~』とあるけどこのときはお焼香はまだですよね?いつかしら?

2つ目は『生前同様変わらぬご指導~』とあるけどいろいろあって生前同様は使いたくないの、何かアドバイスを下さい」

という内容のお電話です。

「あくまで挨拶文例集ですので参考にすると良いと思います。

1つめの質問は地域にもよりますが、一般的にはお坊さんの読経中に皆様が順番にお焼香

を行います。ご挨拶のタイミングが読経が終わった後であればご焼香を賜りましてと入れて

頂いても変ではないですよ」

とお答えしました。

他の葬儀社からどのように説明があったかはわかりませんが、

進行の流れを大まかな部分だけで説明したのかもしれません。

逆に一から細かく説明すると沢山の説明があり過ぎて理解が追い付かない事もあります。

葬儀社側としてはその時の状況や雰囲気、バランスが大事です。

 

お困りごとが出てきた場合はすぐに相談しましょう

 

もしかすると他社の葬儀担当者が忙しそうなところを気遣って

いろいろとご自身で悩まれ、弊社に相談されたのかもしれません。

 

相談しづらい状況を作るという事はいかがなものでしょう

 

2つ目については「参考にして頂く部分ですので無理に入れなくても良いと思います。

これからは残された家族が力を合わせて生きていきますなどはどうでしょうか」

とお答えしました。

ご挨拶の大事な部分としては、感謝を伝え、これからの決意をする事だと思います。

今回のケースは日数やお時間の限られた中での打ち合わせで、なかなかご家族の背景を伺

うことが出来なかったことが考えられます。

 

最近では「家族だけ、身内だけだから形だけでいいのよ」という声も聞きます。

「親しき仲にも礼儀あり」、そこで挨拶をする場を設けることの意味、お話の内容、近い関係だ

からこそ一つ一つきっちり行う事が必要になります。

 

なぜこのタイミングなのか、これは何の意味なのか、

葬儀社としてしっかり答えることができるかで対応の良し悪しが表れていきます。

 

多くの方が初めての葬儀という不安が多い中で、葬儀担当者としてはどんなことでも相談しや

すい人柄や常にご家族に配慮出来ているかが求められています。

 

まとめると、良い葬儀社を選ぶためのコツとして

「分からない事、不安な事を解決してくれるかどうか」

なおかつ「相談しやすいかどうか」これが大事です。

 

松戸市斎場を利用してのご葬儀・家族葬は、相談しやすくて、分からない事、不安な事を解決

してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。


葬儀の手続きで「よくある誤解」

葬儀を行う際に必須の手続きがあります。okotu
それは、死亡届を役所に提出し、火葬許可証を発行することです。

火葬許可証がなければ、火葬を行えませんので、大切な手続きになります。
ここでよく聞く「誤解」があります。
葬儀の「誤解あるある」の中で一番ある誤解です。
それは、「死亡届を役所に提出すると故人名義の口座がストップする」という誤解です。

葬儀の打ち合わせの際に、死亡届を役所に提出するタイミングを気にされる方がいらっしゃいます。
理由を聞くと、上記の様なことを聞いた事があるから、先に葬儀代だけでも、おろしておきたいとの事です。

kouza
結論から言いますと、死亡届を役所に提出したからといって、役所から金融機関に連絡がいくことはありませんので、口座がストップするという事はありません。

そもそも役所が、市民ひとりひとりの口座まで把握していることはないからです。(これからマイナンバー制度が発展していくと、もしかしたら把握されるかもしれませんが…)

つまり口座がストップするのは、死亡の事実を金融機関に直接伝えてしまった時です。
その場で、口座はストップになるようです。

そう考えると、死亡の事実を伝えなければ、ATMでずっとおろし続けることが可能(暗証番号を把握している場合)という事も言えるでしょう。

実際は、当面必要な金額を引き出して、しっかりと手続きをする方がよろしいかと思います。
この誤解が生まれたのは、いくつかの理由が考えられます。

例えば、資産家の方が亡くなられて、銀行の営業マンが外回りをしている際に、たまたま葬儀場の看板で死亡の事実を知ってしまったとか、新聞のお悔やみ欄に載せたのを銀行の担当者がたまたま見たなど、この場合は遺族が金融機関に死亡の事実を伝えていなかったとしても、口座はストップするでしょう。

上記の様な、たまたまな例が噂になり、死亡届を提出すると口座がストップするという誤解が広まったのかと思います。

ただ、口座がストップしたからといって、ずっと引き出せないというわけでもなく、引き出せるようにする手続きに長くて半年ほどはかかるようです。

皆さまも、焦らずに対応頂ければと思います。

松戸市斎場を利用してのご葬儀・家族葬は、アートエンディングにお任せ下さいませ。


戒名について

ep37_01現在の日本では、亡くなると、仏式で葬られることが圧倒的
に多くなっています。
亡くなった人は寺から戒名を授けられますが、皆さん、戒名(法名)って何でつけるんだろう??と思ったことはございませんか??今回は、戒名について詳しくご案内いたします。

【戒名とは??】
戒名は、戒律を守り出家した僧のみに与えられるものでした。一般の人には厳しすぎて、なかなか頂けるものではあ
りませんでした。

今日では儀式を受けた人に授けられる機会が多くなったため、
死者に贈られる名前のように考えられがちですが、本来は戒律
を守り仏の弟子となった証としてつけるものなのです。

多くの宗派は、死後の世界へ行くことが、修行に行くことだと
解釈しているため、葬儀のときに戒名をつけるようになりました。

しかし、中には戒名を必要としない宗派もあります。
浄土真宗では死後に故人が仏道への修行へ行かないと考えられて
いるため、戒名を必要としません。

宗派によって考え方が様々なため、付けられる戒名が大きく違っ
てくるんですね。

【戒名Q&A】
Q1.戒名を自分で作ってもよいのだろうか
上記のように、戒名とは仏弟子になった者が頂く名前です。した
がって師匠から頂く名前なので、ご自分で戒名をお付けする事は
本来の道から外れています。しかし、各宗門では帰教式(入檀・
入信式)、受戒会などの儀式により生前戒名を授けている場合もあります。

Q2.戒名なしで葬儀できるの??
戒名なしでも葬儀が行える場合があります。例えば菩提寺がいな
い場合や、菩提寺が地方にあるが現在は菩提寺から離れた場所に
住んでいて菩提寺のお寺様によって葬儀を行なえない場合、また、
お寺様が時間的に葬儀に間に合わない時などがあります。こうい
った場合、後日菩提寺から戒名を頂くなどが考えられます。また
仏式のお葬式でない場合、戒名は関係ありません。
しかし、注意して頂きたいことは、例えばキリスト教や無宗教
での葬儀を行なった場合、納骨のみお寺の墓地に埋葬したいと言
われる方がいますが、寺檀関係からこれは基本的にできません。
お寺の墓地に埋葬する場合はそのお寺から戒名を頂いて行ないます。
また、公営の霊園などに納骨する場合は、上記のかぎりではありま
せんし、散骨の場合には関係ありません。

Q3.戒名の位ってなに
本来、仏の世界は平等であり位に上下はありません。その証拠に
、戒名の文字数は2文字と決まってはいるものの、そこへ「戒名」と
は別に「院号」「道号」「位号」などを加え、結果として位が変わってしまいます。

■○○院殿、○○○○大居士(女性ならば大姉)と呼ばれるものは、昔は大名とか領主に限られた戒名。

■○○院、○○○○居士(女性は大姉)は、奉行とか上役の武士に
つけられた戒名。

■○○○○童子(童女)は、子供につけられる戒名。

■○○孩子(孩女)は、赤ちゃんにつけられる戒名。

宗旨宗派や各地方によって、しきたりに違いがあります。詳しくは
お住まいの近くの宗教者の方々に相談してみてくださいね。


事前相談について

思いがけなく起こる不幸に戸惑い、葬儀に関する知識も乏しい状態で、葬儀社との話し合いを進めた結果、充分に希望するような葬儀を行えないことがあります。
精神的な余裕を持って葬儀を行うこと、そして大切な人との最後の時間を過ごすために、葬儀会社での事前の相談を勧めています。

ep34_01【事前相談のメリット】
(1)突然の事で気が動転し、何も考えられないような時でも時間に追われずに落ち着いて決められる。
(2)どのくらいの葬儀費用になるか見積総額を知ることができ、その過程で悪い葬儀社を排除でき良い葬儀社にめぐり合うことができる。

●弊社の事前相談を受けると
お見積もり、『希望の斎場情報、式場内の写真、お料理、返礼品、生花祭壇などの資料』、『良い葬儀社の選び方』、『ご逝去されてからお通夜までの流れのパンフレット』、無料での会員カードを同封しております。

この中でも特に重要なのは「お見積もり」に関してです。見積書には、葬儀に必要なものやそれの費用が記載されていると思います。
この頁が明確であり、かつ分かりやすく書かれているかをチェックすることで、葬儀時の費用面での不安が解消されますね。
弊社の見積書は誓約書にもなっているので皆様に安心して頂いております。

ep34_05弊社の資料は、ご相談を受けた方ひとりひとりに合わせてお作りしており、すべて手作りとなっています。実際のご葬儀の写真やお料理などの見本のカタログを使い、すべての項目の写真を掲載しているので、実際の葬儀をイメージしやすくなっています。

【もしもの時が来る前に確認しておきたいこと!】
●式場をどこにするのか。
自宅や会館などありますが、主に民間斎場、または市営斎場で葬儀を行います。
市営斎場を希望の場合、自分の住んでいる地域はどの斎場を使うことができるのか、事前相談で確認しておくと安心ですね。

ep34_04今回は埼玉県東部近辺の市営斎場をご紹介いたします。
多くの斎場は、故人様又は死亡届を申請する方が各々の市に住所を持っている事が条件となっているので、該当している斎場を確認してくだ い。


家紋あれこれ

今回は家紋についての豆知識をご紹介いたします。
喪服やネクタイ、歌舞伎役者の舞台衣装や、仏具、墓石などに刻印されている『家紋』。
家系や血統、家柄、地位を表すために用いられてきた紋章で、単に紋所(もんどころ)や紋とも呼ばれています。日本だけで241種、5116紋以上もの家紋があるようです。

家紋は平安時代に貴族が家の目印として使用したのが始まりとみられており、戦国時代には敵味方の区別をするために急激に増えました。

『家紋』は代々受け継がれていくものですが、一部を除いて譲渡することが可能なようです。例として、皇室の紋に菊紋や五三桐がありますが、豊臣秀吉の功績をたたえ、五三桐(五七桐 )を授けています。
また、紋付袴の着用等に使われる桐紋も、家紋を持たない一般庶民が使用できる紋となっています。

ep32_01ちなみに関西には現在もある風習として『女紋(おんなもん)』があり、実家の家紋とは異な
る紋を受け継ぐことがあります。入婿により女系相続が行われるためです。代々の『女紋』の数で相当な旧家であるかがわかるのだそうです。
家紋を調べると家系のルーツを探ることができるかもしれません。ご自身の家の家紋について知ってみるのも面白いかもしれませんね。


誰もが最期に納まる二つ・・・柩と骨壷

今日の日本ではほとんどの地域で火葬が行われるため、適した柩に故人様をお納めします。また、散骨する以外は骨壷に遺骨もお納めし、お墓へと納骨致します。近年は様々な種類の柩や骨壷があり、ご要望もそれぞれです。ご自身が最期に納まる二つ・・・ご参考までにご紹介致します。

ep23_01a【棺の種類と材質】
●合板製のフラッシュ
一般的な柩になります。薄いラワン合板の間に芯材を入れて貼り合わせたものでその表面に天然木(桐が主流)を薄くスライスしたものを貼った突板貼り合板棺と布を貼った布張り棺があります。

●棺の外観と内装
彫刻を施した総彫刻、五面彫刻、三面彫刻、二面彫刻などの彫刻棺もあります。内側は白のポリエステル地が主であるが、レース等の装飾により高価なものもあります。

●骨壷の種類と材質
陶磁器・・・陶器は四日市市、常滑市、土焼きでは栃木県の益子町が有名。
磁器製品・・・愛知県瀬戸市のものが多く使われており、またその他有名陶芸家による壷形・
瓶形骨壷もあります。さらに台湾製の大理石の骨壷などもありますが、重量も相当です。

ep23_05東日本では通常残った遺骨は全て骨壷にお納めしますが、西日本では主要な部分のみをお納めし、ほとんどの部分は廃棄されるので骨壷の大きさは半分くらいという慣習の違いもあります。

お好きな棺や骨壷を決めておくのも、残された者への精神的遺産として大きな意味がある事かもしれませんね。


ご存知ですか!?エンディングノート

ep21_01エンディングノートとは、人生の最終章を迎えるにあたりご自身の思いやご希望をご家族などに確実に伝えるためのノートです。考え方はいろいろあるようですが、自身の終末を前向きに考える事で、あれもやっておきたい、これもやっておきたい等、生きる希望を見出せる助けにもなるようです。

様々な使い方のあるエンディングノートですが、大きく分けて三つの使い方をご紹介させて頂きます。

(1)葬儀の希望を綴る
『葬儀を頼む葬儀社』
生前からお付き合いのある葬儀社があれば問題ないのですがほとんどの方は、知り合いに葬儀社はいないのではないでしょうか。自身の相談として、葬儀社を訪ねられる方もいらっしゃいますが、葬儀社のイベントがあれば参加するなど、気軽に接点を持つこともお勧めいたします。

『葬儀を行なう場所』
場所として候補にあがりますのが、公営施設・民間施設・自宅・自治会館などです。予算でえたり、お付き合いの範囲で考えたり・葬儀の規模で考えたりと様々ではありますが、その時の状況も考慮し、だいたいで決める程度でよろしいかと思います。

『葬儀の規模』
家族を中心に行なうか、一般の方にも通常通りにお知らせをするかを決めます。遺族が交友関係を詳しくないということであれば、ある程度知らせてほしい人のリストを作ることも大切でしょう。
他に、使って欲しい遺影写真や流して欲しい曲など、ご用意しても良いかと思います。

(2)知らせて欲しい方のリストを作る
遺族の方が交友関係を把握していれば問題ないのですが、必ずしもそうとはかぎりません友人・知人、会社関係、所属団体関係、ご近所さんなどリストにしておくことで、遺族も連絡を伝えやすくなります。

(3)遺言のこと
法的に有効な遺言証書をのこしておけば、ご自分の希望通りに財産を継承してもらえます。ただし、書き方には細かなルールがあります。法的に有効な遺言証書残す為には、公証人・司法書士・弁護士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。
不動産・預貯金・株式など、後に骨肉の争いを招かない為にも必要不可欠と言えるでしょう。
ただ、気をつけなければならないのは、遺言書は(財産分与など)法的効力を持つがエンディングノートは法的効力を持たないという点です。
ある程度の整理には使えますが、遺言書とはイコールではないことを知っておきましょう。


ビックリ!!葬儀の風習いろいろ  ~東日本編~

同じ日本でも、やり方も風習も地域によって信じられないようなことが習慣になっています。
葬儀というのは、こうでなくてはならないという事はありません。
守るべき所は大切にし、変えて良い部分は柔軟に対応する。アートエンディングは常に、お客様の要望も大切にしています。

◆北海道では・・・
ep19_01葬儀の受付で香典を出すと、目の前で封が解かれ、中身を確認します。そして「5千円でよろしいですか」と確認されたうえで、名前が記入された領収証が発行されます。
但し書きはもちろん「香典代として」。葬儀専用の領収証も売られているくらい、北海道では常識となっているならわしとなっています。

◆秋田では・・・
ep19_02秋田県では、焼香の際に焼香盆に数十円程度の小銭を添える風習があります。お香典とは別に、小銭を供える風習は日本各地に点在して見られますが、故人があの世に旅立つお手伝いをするお金というニュアンスがあると考えられています。

◆岩手では・・・
ep19_03六文銭(三途の川の渡り賃)が100万円。岩手県では紙に「100万円」と書いて棺に入れる風習があります。これには、故人があの世でお金に困らないようにとの思いが込められていて、中には「1千万円」とか「1億円」と書くこともあるようです。