葬儀社の選び方「担当者の人柄を見る」って何?

担当者の人柄を見るとは

葬儀社の選び方の一つに「担当者の人柄を見る」

というポイントがあります。

「人柄を見る」なんとなく意味が分かりそうで分からない。

葬儀社選びというお困り事を解決するために

実際にあったお葬式を元に事例をあげて説明します。

=============================

ある日のお昼、式場の事前相談スペースにおいての来店の対面相談です

昨夜の深夜にご兄弟の方が亡くなられたそうです。

兄弟の事で突然だったので葬儀社を決めていなかったため

病院から紹介された葬儀社にお迎えをお願いし、

その葬儀社の霊安室に安置をお願いしたそうです。

通夜・葬儀という形ではなく、事情もあるため

火葬式(葬儀を行わない火葬のみ)をご希望でした。

現状とご予算をお伺いし、お手伝い出来る部分をご説明しました。

つまり、安置場所は他社の葬儀社で、そこから移動を行い、

弊社にお願いをするという事です

ここでの注意点は

病院から霊安室までの搬送費用や霊安室料、1日分の

ドライアイスの費用は病院から紹介をされた

葬儀社にお支払いをするという事です

そこから弊社が対応する為、弊社へのお支払いももちろん発生します

両方を合わせるとご予算をオーバーしてしまうのです。

ご兄弟の中で色々と検討された結果、最初の病院のお迎えの費用や1日分の霊安室料を

お支払いしたとしても他社の葬儀社から変更して

弊社に今後をお願いをするとの事でした。

ご予算を多少オーバーをしておりますが、それでも良いとの事です。

弊社に相談された時点で費用の面をとても気にされておりましたので、

不思議でなりません。

しかしその理由が他社の霊安室にお迎えに上がった時に

その理由がわかったような気がしました。

それはなぜかと言うと担当した方の対応が表面上は良さそうなのですが、

なんとなく嫌な感じを醸し出していたからです。

それはご家族とお話をする場面ご家族の見ていないところでの所作

同業者に対する対応の仕方などなど、あまり快くない対応でした。

表情を見る限り、目が怖いのです。

同業者も威圧感を感じるほどです。

葬儀の仕事は目配り気配り心配りと言われております。

担当者の印象でご家族のお葬式に対する気持ちも変わります。

ご家族とその後お話をしましたが、やはり嫌な感じがしていたとの事です。

特に断る際には露骨に嫌な顔をされ、かかった費用も急に割引をされ

そこからも引き止めようとされたとの事でした。

無事に霊安室から弊社の霊安室に移動が終わり

打ち合わせもある程度決まっておりましたのでスムーズに進みます。

翌日は友引でしたので翌々日に10名様お集まりの中、

ゆっくりとお別れを行って頂きながらお見送りをして頂きました。

=============================

担当者の人柄を見るポイントとしては

「見た目の印象はどうか?」

第一印象で引っかかる部分は無いか

「会話だけでなくふとした所作はどうか?」

歩き方、ドアの締め方、後ろ姿、この人に大切な方を任せても大丈夫かどうか

「対応に心がこもっているかどうか?」

話し方、安易に割引などで気を引こうとしていないか

今回のケースから見えてくるポイントです。

「担当者の人柄を見る」は事前相談の段階で可能です。

ぜひお役立てください。

ちなみに今回のケースは

病院から紹介された葬儀社に安置されたとしても、まだ断る事ができています。

「嫌な印象だけど安置まで済んだから断りづらい」そんな時は

ご相談ください、費用の面でも対応の仕方も一緒にサポートします。

松戸市斎場を利用してのご葬儀・家族葬・一日葬は、事前相談で分からない事、不安な事

を解決してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。

このまま事前相談はこちらから


葬儀の手続きで「よくある誤解」

葬儀を行う際に必須の手続きがあります。okotu
それは、死亡届を役所に提出し、火葬許可証を発行することです。

火葬許可証がなければ、火葬を行えませんので、大切な手続きになります。
ここでよく聞く「誤解」があります。
葬儀の「誤解あるある」の中で一番ある誤解です。
それは、「死亡届を役所に提出すると故人名義の口座がストップする」という誤解です。

葬儀の打ち合わせの際に、死亡届を役所に提出するタイミングを気にされる方がいらっしゃいます。
理由を聞くと、上記の様なことを聞いた事があるから、先に葬儀代だけでも、おろしておきたいとの事です。

kouza
結論から言いますと、死亡届を役所に提出したからといって、役所から金融機関に連絡がいくことはありませんので、口座がストップするという事はありません。

そもそも役所が、市民ひとりひとりの口座まで把握していることはないからです。(これからマイナンバー制度が発展していくと、もしかしたら把握されるかもしれませんが…)

つまり口座がストップするのは、死亡の事実を金融機関に直接伝えてしまった時です。
その場で、口座はストップになるようです。

そう考えると、死亡の事実を伝えなければ、ATMでずっとおろし続けることが可能(暗証番号を把握している場合)という事も言えるでしょう。

実際は、当面必要な金額を引き出して、しっかりと手続きをする方がよろしいかと思います。
この誤解が生まれたのは、いくつかの理由が考えられます。

例えば、資産家の方が亡くなられて、銀行の営業マンが外回りをしている際に、たまたま葬儀場の看板で死亡の事実を知ってしまったとか、新聞のお悔やみ欄に載せたのを銀行の担当者がたまたま見たなど、この場合は遺族が金融機関に死亡の事実を伝えていなかったとしても、口座はストップするでしょう。

上記の様な、たまたまな例が噂になり、死亡届を提出すると口座がストップするという誤解が広まったのかと思います。

ただ、口座がストップしたからといって、ずっと引き出せないというわけでもなく、引き出せるようにする手続きに長くて半年ほどはかかるようです。

皆さまも、焦らずに対応頂ければと思います。

松戸市斎場を利用してのご葬儀・家族葬は、アートエンディングにお任せ下さいませ。